40代男性のメタボ対策!Amazonで購入できるおすすめウエスト対策編

40代になって健康診断でメタボと言われてしまう方多いのではないでしょうか。メタボは食生活や運動不足など色々な原因が考えられます。しかしいきなり食事を大きく変えたり、運動を始めるのは容易ではありません。
中でも40代男性にとってウエスト85cmを下回るのは難しいと考えていませんか。ここでは40代男性でも始めやすいメタボ対策をご紹介していきます。

なぜウエストにこだわるのか

なぜメタボ対策としてウエストにこだわるかといいますと、厚生労働省が設定しているメタボリックシンドロームの基準で、いくつか項目があるのですが、ウエスト周囲径は必須科目なのです。

つまり体重や血圧を落としても、ウエストが基準以下にならないとメタボ判定となってしまいます。

 

必須項目はウエスト周囲径が、男性 ≥ 85cm、女性 ≥ 90cmとなっています。

さらに以下の3項目のうち2つを満たしている必要があります。

高トリグリセリド血症
かつ/または
低HDLコレステロール血症
≥ 150mg/dL

< 40mg/dL
収縮期(最大)血圧
かつ/または
拡張期(最小)血圧
≥ 130mmHg

≥ 85mmHg
空腹時高血糖 ≥ 110mg/dL
参照:厚生労働省

上記の表をみても、いかにウエストがメタボとかかわっているかがわかります。がりがり体型でも実はウエストは太いという方もいらっしゃいます。メタボは見た目だけではわからないということです。

体が細いのに、ウエストが太いという方も注意が必要だということです。

ウエストと生活の関係

日本生活習慣病予防協会のまとめでは、女性のウエストサイズは60年で15cm増加しています。1950年代は掃除器や洗濯機などが発達しておらず、家事をするのもハードワークであり、消費カロリーが高かったのです。

しかし道具の発達によりカロリーを消費しなくなったことから、ウエストサイズに影響しているといわれます。また座ったままで生活できることが増えたことも影響しているといわれます。

実はこのように、ウエストと生活スタイルには関連性があるのです。高齢化が進むことにより、肥満体型が増えさまざまな病気の原因になると懸念されています。

参考:日本生活習慣病予防協会

 

ウエストを引き締めるために

ウエストを引き締めるためには、ウエストだけ付加をかけてはいけません。逆に腰を痛めるなどしてしまいます。ウエストの引き締めといっても、前身の脂肪を燃焼することがウエストにも効果があるということです。

また全身の脂肪を燃焼するために汗をかくことにより、全身の血流が良くなることから、ダイエットまた健康になることにつながります。

またウエストを引き締めるためには、ダイエットをするだけでなく筋トレも必要になります。ある程度運動をする人でも、お腹周りの筋肉は実はあまり使われていない場合が多いです。

これらの筋肉をストレッチなどをおこなって、トレーニングをすることでお腹のゆるみが解消されていくのを実感することができるでしょう。

またジョギングやサイクリングなどの有酸素運動も十分効果的です。腹回りの筋肉を鍛えつつ、全身運動も取り入れていくとよいでしょう。できる方は水泳も効果があります。

 

Amazonで購入できるウエスト対策グッズとは?

【現役パーソナルトレーナー監修】AnyField 筋トレ 発汗 腹筋ダイエットベルト シェイプアップベルト

 

参照:Amazon

 

メーカー名 Zredurney
オレンジ
商品サイズ 縦96cm×横19cm
サイズ フリーサイズ
保証期間 1年間
セット内容 なし
   

フリーサイズなので、つけやすいダイエットベルトです。運動中に取り付けることにより、発汗し脂肪燃焼へとつなげます。全身の脂肪燃焼を続けていると、必然的にウエストを引き締めることができるのです。

シェイプアップ 腹巻 ダイエットインナー ウエスト ベルト お腹 痩せ お腹 引き締め ウエストニッパー 器具 フィットネス 加圧ベルト 減量用 運動用 腹巻き (Mサイズ, ブラック) シェイプアップ 腹巻 ダイエットインナー ウエスト ベルト お腹 痩せ お腹 引き締め ウエストニッパー 器具 フィットネス 加圧ベルト 減量用 運動用 腹巻き (Mサイズ, ブラック)

参照:Amazon

 

メーカー名 1DOT2
ブラック
特徴 伸縮性・防水性・耐久性・柔軟性・発汗性
サイズ 114cm×19cm
用途 姿勢改善、ダイエット
使う場面 ランニング、ヨガ、ジョギング、散歩、フィットネス
   

ウエストの引き締め以外には、姿勢改善やダイエットにつながるベルトです。姿勢を良くすることで、血流がよくなり排出物が出やすくなることから、健康になり体全体の引き締めにもつながります。
ベルトをまいた状態で、ランニングやジムでのエクササイズなどをするとより効果があります。
ベルト自体は伸縮性や柔軟性があり、長時間つけていても苦しいことはありません。さらに防水性があるので、汗をかいても汗が染みこんでしまうこともありません。

 

腰ベルトをすることで、ウエストのあたりに発汗作用があり、ウエストの引き締めにつながります。またウエストだけでなく、体が暑くなってくるのでダイエット効果も期待できます。

上質なナイロンまたメッシュ素材であり、伸縮性が抜群なため締め付けられるような感じ、また窮屈さを感じにくい造りとなっています。

またうえすとを引き締めるためには、腹回りの筋肉を鍛えることや、ジョギング、サイクリングなどの有酸素運動も大切になります。

とくに40代になると、腹回りがすっきりした男性はかっこよく見えます。おなかがでているとはっきりわかりますよね。少しずつ日頃の努力をしてみませんか。またこの努力をすることで、健康にもつながっていくのです。